白石 凡(読み)シライシ ボン

20世紀日本人名事典「白石 凡」の解説

白石 凡
シライシ ボン

昭和期の評論家 元・朝日新聞論説副主幹;日中文化交流協会常任理事。



生年
明治31(1898)年7月25日

没年
昭和59(1984)年3月21日

出生地
山口県下関市

本名
白石 嵓(シライシ イワオ)

学歴〔年〕
京都大学経済学部〔大正14年〕

経歴
大正14年朝日新聞社に入社し、昭和25年から東京本社論説副主幹。日中国交正常化前の30年、朝日新聞社が中国の京劇を日本に招くため訪中したが、32年に退社後も日中の文化交流に当たり、日中文化交流協会常任理事となる一方、アジア・アフリカ作家日本委員会委員長なども務めた。著書に「サンチョ・パンサの言葉」、編書に「中国叢書」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「白石 凡」の解説

白石 凡 (しらいし ぼん)

生年月日:1898年7月25日
昭和時代の評論家;新聞人
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android