コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチョ・パンサ Sancho Panza

翻訳|Sancho Panza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンチョ・パンサ
Sancho Panza

セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』に登場する従者。短身肥満の大食漢で,その嗜欲と地上的常識によって,主人公の狂った理想主義と鮮かな対照をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

サンチョ・パンサ

セルバンテスの《ドン・キホーテ》の登場人物で,主人公ドン・キホーテの従士。無学ではあるが,諺を得意とする世故にたけた農民。小説の冒頭では,ドン・キホーテとは対照的な卑俗な現実を象徴する人物として現れるが,騎士の主人と行動を共にするうちに,その影響を受けてドン・キホーテ化していく,あくまでも主人に忠実な,心根のやさしい人物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のサンチョ・パンサの言及

【道化】より

…他方,セルバンテスの《ドン・キホーテ》は,ガルガンチュアやフォールスタッフとは似ても似つかぬ,やせて,不眠症で,理想主義的な〈憂い顔の騎士〉ドン・キホーテを登場させる。高貴な〈精神の道化〉と,彼に召使として仕える猥雑な〈肉体の道化〉サンチョ・パンサ,この2人とともにルネサンスの〈道化文学〉の黄金時代は終わる。
[17世紀から現代まで]
 イギリスではピューリタン革命,大陸では三十年戦争という時代においては,グリンメルスハウゼンの《阿呆物語》(1668)という収穫を別とすれば,道化の出番はなかった。…

【ドン・キホーテ】より

…スペインはラ・マンチャに住む郷士アロンソ・キハーノは日夜騎士道物語を読みふけって狂気にとらわれ,そこに書かれていることを実行に移す決意をする。かくしてみずからを騎士ドン・キホーテと名のり,現実主義的で少々欲の深いサンチョ・パンサを従士とし,田舎娘を思い姫ドゥルシネーアに仕立て,やせ馬ロシナンテにまたがって,この世の不正を正し,弱きを助けるために遍歴の旅に出る。そして〈風車の冒険〉をはじめとする数々の冒険を介して,この世の現実と衝突する。…

※「サンチョ・パンサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンチョ・パンサの関連キーワードマドリードのスペイン広場セルバンテス石原 吉郎河東 燈士石原吉郎バトラー白石 凡壇鼓太郎H氏賞白石凡林 要

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンチョ・パンサの関連情報