コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白膠木の耳五倍子 ヌルデノミミフシ

デジタル大辞泉の解説

ぬるで‐の‐みみふし【白木の耳五子】

アブラムシ科の昆虫。体長1~1.5ミリ、黄褐色または暗緑色。春から夏、ヌルデの葉などに寄生し、五倍子とよぶ虫こぶを作って暮らす。秋になると翅(はね)をもつものが現れ、コケ類に移動して産卵。幼虫で越冬ののち、ヌルデに移る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android