コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越冬 エットウ

デジタル大辞泉の解説

えっ‐とう〔ヱツ‐〕【越冬】

[名](スル)冬を過ごすこと。冬の寒さを越すこと。「南極で越冬する」「越冬地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えっとう【越冬】

( 名 ) スル
冬を越すこと。冬を過ごすこと。 「南極で-する」 「 -資金」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越冬
えっとう

生物がいろいろな方法で冬を過ごす現象。温度の低下や食物の減少などの冬の悪条件に対して、生物はほかの季節とは違う生活方法をとるものが多く、移動や貯食や冬眠をする。草本植物では、種子、球根、地下茎などの養分を蓄えた部分だけを残して越冬し、木本植物では、落葉して冬芽をつけるものがある(落葉樹)。哺乳(ほにゅう)類の多くは冬でも活動し、冬毛に変わったりする。ヤマネやコウモリなどは樹洞、岩穴、洞穴で冬眠する。鳥類は寒さへの防御能力が弱く、多くが暖かい地方へ渡りをする。カエル、ヘビ、トカゲ、カメは土や泥、氷の張った池の中で冬眠する。昆虫では腐倒木や樹皮下、岩や樹の割れ目で、卵、幼虫、蛹(さなぎ)、成虫の状態で越冬し、休眠状態になるものが多い。[小野山敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

越冬の関連キーワードシロハラトウゾクカモメ南極観測隊と樺太犬イチゴハナゾウムシナベヅル(鍋鶴)第1次南極観測隊ゴマダラチョウウラナミシジミヤニサシガメ西堀 栄三郎肥前鹿島干潟清野 善兵衛ウリハムシヒドリガモアカタテハ雪の下大根ツル分散化西堀栄三郎マナヅルコクガン紫小灰蝶

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越冬の関連情報