コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白膠木 ヌリデ

デジタル大辞泉の解説

ぬりで【白木】

ヌルデ別名

ぬるで【白木】

ウルシ科の落葉小高山野に生え、葉は卵形または楕円形小葉からなる羽状複葉で、葉軸に翼があり、秋に紅葉する。雌雄異株。夏、枝の先にい小花を円錐状につけ、果実は白くて短毛密生。葉にできる虫こぶ五倍子(ごばいし・ふし)といい、タンニンを含む。白い樹液は塗料に利用。ふしのき。かちのき。かつのき。ぬで。ぬりで。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬるで【白膠木】

ウルシ科の落葉小高木。山野に自生。葉は大形の羽状複葉で、中軸に翼があり、枝先に密に互生する。夏、枝頂に白色の小花を円錐状に多数つける。果実は扁球形で赤熟する。葉は紅葉が美しい。また、葉に虫こぶを生じ、これを乾燥したものを五倍子・付子ふしと呼び、タンニンの原料とする。フシノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白膠木 (ヌルデ・ヌリデ;ヌリデノキ;ヌルデノキ;ハクキョウボク;ハクコウボク)

学名:Rhus javanica
植物。ウルシ科の落葉小高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白膠木の関連キーワード山彦河良(4世)フシノキ可頭乃木五倍子中軸穀木

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android