コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雲子 はくうんし

1件 の用語解説(白雲子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白雲子 はくうんし

?-? 江戸時代前期の書家。
京都の人。御家流からでて白雲子流とよばれる一派をつくる。延宝2年(1674)刊の「洛陽名筆集」に能書家としてのっている。姓は筒井。通称は左京進。別号に吟竜軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の白雲子の言及

【司馬承禎】より

…中国,唐玄宗朝の上清派道教の指導者。字は子微,号は白雲子。21歳で道士となり,中岳嵩山の潘師正に師事して上清派道教の秘法をすべて伝授された。…

※「白雲子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白雲子の関連キーワード平野仲安中村久越佐々木照元植田文竅佐々木晦山鈴木正真素松堂道意(3)堀江逸風渡辺素平

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone