コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雲子 はくうんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白雲子 はくうんし

?-? 江戸時代前期の書家。
京都の人。御家流からでて白雲子流とよばれる一派をつくる。延宝2年(1674)刊の「洛陽名筆集」に能書家としてのっている。姓は筒井。通称は左京進。別号に吟竜軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の白雲子の言及

【司馬承禎】より

…中国,唐玄宗朝の上清派道教の指導者。字は子微,号は白雲子。21歳で道士となり,中岳嵩山の潘師正に師事して上清派道教の秘法をすべて伝授された。…

※「白雲子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白雲子の関連キーワード筒井左京進司馬承禎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android