コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白馬塔 はくばとう

世界の観光地名がわかる事典の解説

はくばとう【白馬塔】

中国の甘粛(かんしゅく)省の敦煌(とんこう)(トゥンホワン)南東側から4km離れたところにある塔。敦煌が沙州と呼ばれた時代に建立され、沙州古城の中央にあって、高さは12m、9層で黄白色である。◇長安で多くの仏典を漢訳した六朝時代の高僧・鳩摩羅什(くまらじゅう)の白馬が病死し、馬を弔(とむら)って塔を建てたことから「白馬塔」と呼ばれるようになった。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

白馬塔の関連キーワードトゥンホワン鳩摩羅什敦煌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android