仏典(読み)ブッテン

世界大百科事典 第2版の解説

仏教徒の用いる聖典。国により宗派により多種多様であるが,基本的にはの〈三蔵〉にまとめられる。〈経蔵〉は釈迦の教説の集成で,〈法〉とも〈阿含(あごん)〉(聖なる伝承)ともいわれる。〈律蔵〉は釈迦によって制定された教団の規則類の集成である。伝承によれば,釈迦入滅の後,仏弟子たちが集まって,生前聴聞した〈法〉と〈律〉を誦出し,確定した(これを結集(けつじゆう)という)。〈論蔵〉はアビダルマと呼ばれ対法と訳されるが,法(教説)の研究で,対機説法(相手の素質に適した教えを説くこと)をとした仏説を解釈し,統一見解を示すのが目的とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

仏教の経典。経・律・論など。
仏教に関する本。仏書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

※翰林葫蘆集(1518頃)九・遣朝鮮国書「僧廬仏典之在封内者、過半尽矣」
※随筆・秉燭譚(1729)二「仏典は梵言なれども、翻訳はみな華人、当時の語を以てうつしたるものなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

仏典の関連情報