コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鱚 しろぎす

大辞林 第三版の解説

しろぎす【白鱚】

スズキ目の海魚。全長25センチメートル 内外。体は細長く円筒形。背面は淡い黄褐色で腹面は銀白色。吻がやや長く、口は小さい。釣りの好対象魚。塩焼き・てんぷらなどにして美味。日本各地からインド洋にかけて広く分布し、沿岸や内湾の砂泥地にすむ。キス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報