コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩焼 しおやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩焼
しおやき

材料に塩をふりかけ直火で焼く調理法。主として魚介類を材料とし,特に日本料理においては重要な調理法である。海魚では,たい,あじ,さんまなど,川魚ではあゆ,川ますなど,ほとんどの魚がこれに適するが,鮮度のよいものを選ぶことが大切である。作り方は,下ごしらえした魚に塩をふりかけるか,または塩水に漬けておき,水けを切って金串に刺し,化粧塩をし,強火の遠火にかけて焼上げる。尾と頭のついた姿のままの魚を,尾頭つきといって祝事に用いる。たいの尾頭つきは,ことにめでたいものとされ,祝儀の献立に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しお‐やき〔しほ‐〕【塩焼(き)】

魚肉などに塩を振って焼くこと。また、焼いたもの。
海水を煮て塩を作ること。また、それを業とする人。
「―の文正と申す者にてぞはんべりける」〈伽・文正

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

塩焼の関連キーワード氷上志計志麻呂鮎のリエット県犬養姉女春日家継女不破内親王新田部親王文正草子忍坂女王石田女王藤原豊成藤原永手グルクン氷上川継氷上陽侯日置少老氷上塩焼川辺東女塩焼き衣河原院サンマ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android