白鹿洞(読み)はくろくどう

精選版 日本国語大辞典の解説

はくろく‐どう【白鹿洞】

中国の地名。廬山のふもとにあり、唐代、李渤兄弟が隠れて読書に耽った地で、白鹿を飼っていたところからの名という。のち書院(学校)が設けられ、宋の朱熹が復興してここで学を講じたことで有名。白鹿。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報