コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鹿 ハクロク

デジタル大辞泉の解説

はく‐ろく【白鹿】

白い毛のシカ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はくしか【白鹿】

茨城の日本酒。酒名は、鹿島神宮の白鹿伝説に由来。本醸造酒、普通酒がある。仕込み水は筑波山系の伏流水蔵元の「石岡酒造」は元禄年間(1688~1704)創業。所在地は石岡市東大橋字深久保。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典内の白鹿の言及

【異年号】より

…まず1167年(仁安2)に当たる保寿の年号は,平清盛の全盛時,平氏と藤原氏の対立を背景に,藤原氏の息災を願う者の使用するところ,また90年(建久1)に当たる和勝・迎雲の年号は,ともに源平争乱の終結(和勝にはより明示的に源氏の勝利の含意がある)による平和の再来をことほぐ者の使用するところであって,いずれも個別特定の願意や祝意を,正年号を拒否する政治的態度をもって表明したもので,異年号のもつ基本的性格の一つを示している。 南北朝時代に入ると,1345年(興国6∥貞和1)能登に白鹿,駿河に応治の年号が現れ,いずれもそれぞれの地方における反北朝(南朝系)の人々の使用と考えられている。ついで84年(元中1∥至徳1)叡山・南都の一部僧侶の使用にかかる弘徳,88年(元中5∥嘉慶2)大和の一部に見られた永宝はいずれも,北朝において年号勘申を担当した公家たちの対立を背景として,正年号に対する不満から生まれたものと推測されている。…

【元号】より

…なお,中世の中ごろ,南北朝時代には両朝それぞれに年号を定め,それぞれの朝廷を奉ずる人びとの間で用いられるという異例の事態が60年近く続いた。さらにこの時代には北陸方面で活動した南朝系の人びとの間に白鹿という私年号が用いられたこと,また,南北朝合一後に南朝の遺臣の間に天靖という私年号が用いられたことが知られる。ちなみに公式の年号ではなく,民間において私的に用いられたいわゆる私年号は主として中世に見られるもので,とくに戦国時代に多い。…

※「白鹿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

白鹿の関連キーワード辰馬 吉左衛門(13代目)チョン・ジヨン(鄭芝溶)辰馬吉左衛門(13代)済州火山島と溶岩洞窟群マリー・ド・フランス白鹿記念酒造博物館兵庫県西宮市鞍掛町ハルラ(漢拏)山辰馬本家酒造辰馬吉左衛門廬山国立公園春日大社境内上毛野竹葉瀬円覚寺境内上毛野穎人建御名方神辰馬きよ子難波男人書白鹿洞書院黒松白鹿

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白鹿の関連情報