コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百囀り モモサエズリ

デジタル大辞泉の解説

もも‐さえずり〔‐さへづり〕【×囀り】

多くの鳥がいろいろな声でさえずること。
「戸外では雀が―をしている」〈花袋田舎教師
多くの人が一度にしゃべること。また、次から次へとしゃべりまくること。
「仲人が―聞(きき)ながしにして」〈一葉・経づくゑ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ももさえずり【百囀り】

鳥がしきりにさえずること。特にウグイスについていう。 「つれづれを何にかけてか慰めむ-の鳥なかりせば/永久百首」
いろいろうるさくまくしたてること。 「物もらひの-/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百囀りの関連キーワード浮世風呂ウグイス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android