百年の恋も一時に冷める(読み)ひゃくねんのこいもいちじにさめる

ことわざを知る辞典「百年の恋も一時に冷める」の解説

百年の恋も一時に冷める

思いがけないことを見聞きしたため、長い間いだいてきたごころがいっぺんに冷めてしまう。

[使用例] そうだ。この中を見れば間違いない。百年の恋も一瞬の間に、煙よりもはかなく消えてしまう[芥川龍之介*好色|1921]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「百年の恋も一時に冷める」の解説

ひゃくねん【百年】 の 恋(こい)も一時(いちじ)に冷(さ)める

思いがけないことを見聞きしたために、長い間続いてきた愛情が、いっぺんになくなってしまうような心持がする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「百年の恋も一時に冷める」の解説

百年ひゃくねんこい一時いちじめる

長く続いた恋でも一瞬にしてさめてしまう。相手の嫌なに思いがけなく接したときのようすにいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android