百舌の草潜(読み)モズノクサグキ

デジタル大辞泉の解説

百舌(もず)の草潜(くさぐき)

モズが春になると人里近くに姿を見せなくなることを、草の中に潜り込むといったもの。 秋》
「たのめこし野べの道芝夏ふかしいづくなるらむ―」〈千載・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もずのくさぐき【百舌の草潜】

モズが春になると人里近くに姿を見せなくなるのを、草の中にもぐり込むと思っていったもの。 「春されば-見えずとも/古今六帖 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もず【百舌】 の 草潜(くさぐき・かやぐき)

モズが春になると山に移り、人里近くに姿を見せなくなることを、草の中にもぐり隠れたといったもの。《季・秋》
※万葉(8C後)一〇・一八九七「春されば伯労鳥之草具吉(もずのかやグキ)見えずとも吾れは見やらむ君があたりをば」
※車屋本謡曲・雲雀山(1505頃)「めぢもなき谷陰の、もすの草くきならの身の、露に置かれ雨にうたれ」
[補注]②の語義は、①の挙例の「万葉集」をモズが速贄(はやにえ)を木に挿すことと解したことによる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android