はや

精選版 日本国語大辞典「はや」の解説

は‐や

(係助詞「は」と間投助詞「や」の重なったもの)
文中の連用を受け詠嘆を表わす。→補注(1)。
古事記(712)中・歌謡「木の間よも い行き目守らひ 戦へば 我波夜(ハヤ)飢ぬ」
万葉(8C後)七・一三九〇「近江の海波恐(かしこ)みと風守り年者也(はヤ)経なむ漕ぐとはなしに」
文末に用いられ詠嘆を表わす。→補注(2)(3)。
※古事記(712)中・歌謡「をとめの床の辺に我が置きしつるきの太刀その太刀波夜(ハヤ)
※平中(965頃)三六「あはれ、さ言へるのありしはや」
[補注](1)①の挙例「万葉」の「や」を疑問の係助詞とする考え方もある。
(2)文末用法の「は」「や」をともに終助詞とする説もある。
(3)上代における②の用法は体言を受けるもの(すなわち喚体の)だけで、終止した文を受けるもの(すなわち述体の句)は平安時代になって現われる。

はや

〘感動〙 あきれたり、戸惑ったり、恐縮したり、強く感じ入ったりして発することば。いやはや
滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「コレ、此人はや。おれが先へ来たものを」
※落語・初夢(1892)〈三代目三遊亭円遊〉「どうもハヤ感心しないやうな訳で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「はや」の解説

は‐や[連語]

[連語]《係助詞「は」+係助詞「や」》
疑問の意に感動を添えた意を表す。…かなあ。
島伝しまづたあばや小舟をぶね風守り年―経なむ逢ふとはなしに」〈・一四〇〇〉
(文末にあって)感動・詠嘆を表す。…よ。
御真木入日子みまきいりびこを盗み死せむと」〈・中・歌謡〉
「けしうはあらじ―」〈・葵〉
[補説]「や」を間投助詞とする説もある。2は上代では名詞だけに付き、中古では連体形に付く。

はや[感]

[感]あきれたり、とまどったり、驚いたりしたときに発する語。「なんともはや、あきれた人だ」「いやはや、まったく困った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android