コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はや ハヤ

デジタル大辞泉の解説

はや[感]

[感]あきれたり、とまどったり、驚いたりしたときに発する語。「なんともはや、あきれた人だ」「いやはや、まったく困った」

は‐や[連語]

[連語]《係助詞「は」+係助詞「や」》
疑問の意に感動を添えた意を表す。…かなあ。
「島伝(しまづた)ふ足速(あばや)の小舟(をぶね)風守り年―経なむ逢ふとはなしに」〈・一四〇〇〉
(文末にあって)感動・詠嘆を表す。…よ。
「御真木入日子(みまきいりびこ)―己が命(を)を盗み死せむと」〈・中・歌謡〉
「けしうはあらじ―」〈・葵〉
[補説]「や」を間投助詞とする説もある。2は上代では名詞だけに付き、中古では連体形に付く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はや

( 感 )
驚いたり、あきれたり、困惑したりしたときに発する語。 「なんとも、-、驚きました」 「いや、-、まったくあきれたものだ」 「へええ、それは-、ふらち千万な奴でござります/滑稽本・八笑人」

はや

( 連語 )
〔係助詞「は」に係助詞「や」の付いたもの〕 文中の種々の語に付いて、疑問の意を表す。…は…であろうか。 「近江の海波恐かしこみと風守り年-経なむ漕ぐとはなしに/万葉集 1390
〔係助詞「は」に間投助詞「や」の付いたもの〕
文中の種々の語に付いて、詠嘆の意を表す。…はまあ。 「木の間よもい行き目守まもらひ戦へば吾-飢ぬ/古事記
文末に用いられ、詠嘆の意を表す。…はまあ。…よなあ。 「ほのかなりし月影の見劣りせずば、まほならむ-/源氏 橋姫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

はやの関連キーワード大阪府南河内郡千早赤阪村二河原辺長崎ウエスレヤン大学三重県鈴鹿市白子本町秋の日は釣瓶落とし飄風・飆風・飃風蒸しくり暑し怪盗道化師けものみち池上隼之助早口言葉擦付け木祓戸の神速やけし息速別命いやはや滑稽本枕団子早池峰早駕籠急ぎ足

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はやの関連情報