皆掛(読み)カイガケ

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐がけ【皆掛】

〘名〙 売買する品物を容器ごとはかりにかけること。みながけ。上目(うわめ)
※談義本・教訓続下手談義(1753)三「脇指はかまの風袋ぐるみ、皆掛(カイカケ)八貫目そこら」

かな‐がけ【皆掛】

〘名〙 容器、包装をいっしょにして重量をはかること。また、その重量。総重量。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる