皇帝ティートの慈悲

デジタル大辞泉プラスの解説

皇帝ティートの慈悲

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトのイタリア語による全2幕のオペラ(1791)。原題《La clemenza di Tito》。『皇帝ティトゥスの慈悲』、『ティト帝の慈悲』とも呼ばれる。慈悲深い皇帝として知られるローマ皇帝ティトゥスを描いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

こうていティートのじひ〔クワウテイ‐のジヒ〕【皇帝ティートの慈悲】

《原題、〈イタリア〉La clemenza di Titoモーツァルトのイタリア語によるオペラ。全2幕。1791年にプラハで初演。レオポルト2世のボヘミア王としての戴冠式のために作曲。皇帝ティトゥスの慈悲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android