目を白黒させる(読み)メヲシロクロサセル

  • を 白黒(しろくろ)させる
  • 目(め)を白黒(しろくろ)さ・せる

デジタル大辞泉の解説

苦しさのあまり目の玉を白目にしたり黒目にしたり、激しくしきりに動かす。「まんじゅうがのどにつかえて―・せる」
びっくりする。あわてる。「突然の申し出に―・せる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① もだえ苦しんで、目の玉を動かす。
※浄瑠璃・糸桜本町育(1777)七「松葉を囲炉裏へ煽ぎ立て、あふぎ立つれば目を白黒、苦しむ婆の田楽責」
② びっくり仰天してあわてる。ひどく驚き、まごつくさまの形容。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉上下思想とルパシカ思想「頭の隅に子曰や言霊の幸はふ大和島根の高天原思想の残ってる父老が、此の五色の曲線や立体の入交ってる表現派式場面に衝突って眼を白黒させるは決して無理は無い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目を白黒させるの関連情報