のど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

のど
のど / 咽・喉

口の奥の部分、つまり食道や気管に通じるたいせつな部位で、咽喉(いんこう)ともよぶが、解剖学上での正式な定義はない。語源的には、飲門(のみと)の音便である「のむと」の約語といわれ、食べ物の入口を意味する俗称。雅語形では「のんど」という。一般にのど、あるいはのどくびのあたりといえば、頸部(けいぶ)の前面をさし、内部は喉頭にあたる。のどが渇く、のどが痛い、のどがかれるなどという場合は、咽頭、喉頭をさすことが多い。また、のどがいいといえば、明らかに声帯のある喉頭をさしている。「のどぶえ」とは声帯をいい、俗にいう「のどちんこ」は解剖学的には口蓋垂(こうがいすい)となる。頸部の前面で正中部に突出している部分を「のどぼとけ」とか「のどっぷし」とかいうが、これは甲状軟骨の前面正中部上端の突出した部分である。解剖学名では喉頭隆起といい、成人男子では隆起がとくに著しい。女子や子供ではこの隆起が明瞭(めいりょう)でない。古くから欧米では、喉頭隆起を「アダムのリンゴ」と俗称している。また、ドイツ語には「アダムのバナナ」「アダムの子供」などのことばもある。これらの表現は、いずれも宗教伝説に由来するもので、最初の人間アダムが禁断の実、リンゴを食べて神にとがめられ、そのとき果実がのどにひっかかったためという。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のどの関連情報