黒目(読み)くろめ

精選版 日本国語大辞典「黒目」の解説

くろ‐め【黒目】

〘名〙
球の中央の黒い部分。角膜の部分。くろまなこ。くろめだま。
※春日権現験記絵詞(1309)一七「御眼広くなかく黒眼はすくなく白眼はおほし」
② 物を量る目方の名。一六〇匁(六〇〇グラム)を一斤(きん)とする。唐目(からめ)
※地方新書(1847)(古事類苑・称量三)「俗に唐目、又黒目と称す。〈略〉是一種の衡法也」
③ 銅と鉛の合金。にぐろめ。
※万金産業袋(1732)二「赤銅(紫銅)の合せやうは、(クロメ)め拾匁に、極上は金め八分八りん」
④ 魚「ぼら(鰡)」の異名。またその幼魚をいう。〔延宝八年合類節用集(1680)〕

くろい【黒】 目(め)

確かな眼力。しっかりした観察眼。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)一「の方の心底黒い眼で見抜いて置いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android