目引き鼻引き(読み)メヒキハナヒキ

大辞林 第三版の解説

めひきはなひき【目引き鼻引き】

目くばせしたり、鼻をうごめかしたりして意を通じ合うこと。 侍ども梶原におそれて高くは笑はねども、-きらめきあへり/平家 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め【目】 引(ひ)き鼻(はな)(ひ)

声を出さないで、目くばせしたり鼻を動かしたりして合図を送り、意を通じさせること。目付きや鼻先で合図をして知らせる。目引き袖引き。
平家(13C前)一一「侍ども梶原におそれて高くはわらはねども、目ひきはなひききらめきあへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android