コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目打ち メウチ

デジタル大辞泉の解説

め‐うち【目打ち】

千枚通し。
洋裁や手芸で、布に穴をあけたり、刺繍(ししゅう)の糸をさばいたりするときに用いる錐(きり)。
ウナギなどを裂くとき、その目に打ち込む錐。
製本で、とじ穴をあけること。また、それに用いる鉄製の錐。
切手・印紙などの切り目に1列に連続してあける小さな穴。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めうち【目打ち】

千枚通し。
切手・伝票・小切手などで、切り離しやすいように続けてあけられた穴。 「 -を入れる」
手芸用具の一。穴あけや刺繡ししゆうの糸さばきに用いる錐きり
調理用具の一。鰻うなぎ・穴子などを調理するとき、おさえるため目に打ち込む錐。
製本で、とじ穴をあけること。また、それに用いる錐。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

めうち【目打ち】

うなぎ・穴子などを割くとき、目の下に錐(きり)のような道具を打ち込んでまな板に固定すること。また、その道具。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

目打ちの関連情報