目睛・目精(読み)もくせい

精選版 日本国語大辞典の解説

もく‐せい【目睛・目精】

〘名〙 ひとみ。眼睛(がんせい)
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「女神の立像なり、〈略〉目睛及び口孔より明を引く、此より府中を一眺す」 〔宋玉‐高唐賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android