府中(読み)フチュウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ちゅう【府中】

律令制国府(こくふ)。また、その所在地
宮中に対して、政治を行う表向きの役所。

ふちゅう【府中】[広島県の市]

広島県南東部の市。もと備後(びんご)国府の地。備後絣(びんごがすり)・家具・味噌の産地。非鉄金属などの工業も盛ん。平成16年(2004)に上下町を編入。人口4.3万(2010)。
[補説]東京都にも府中市があり、同名の市はこの両市と北海道伊達市福島県伊達市との2組だけ。

ふちゅう【府中】[東京都の市]

東京都中部の市。もと武蔵国府の地で、甲州街道宿場町として発展。多磨霊園・東京競馬場や大国魂(おおくにたま)神社がある。人口25.5万(2010)。
[補説]広島県にも府中市があり、同名の市はこの両市と北海道伊達市福島県伊達市との2組だけ。

ふちゅう【府中】[広島県の町]

広島県安芸(あき)郡の地名。もと安芸国府の地。広島市に囲まれており、自動車工業が盛ん。
[補説]広島県には府中市もあるが別の自治体隣接もしていない。

ふちゅう【府中】[静岡県の地名]

東海道五十三次宿場の一。現在の静岡市葵区中心部付近にあった。また、駿府別称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

府中【ふちゅう】

古代の越前国の国衙(こくが)所在地で,中世以降府中と称し,近世には福井藩の家老本多氏の城下町となり,北陸街道宿駅でもあった。現在の福井県越前市武生(たけふ)に属する。越前国府武生が属した丹生(にう)郡にあり,〈催馬楽(さいばら)〉に〈武生の国府〉とみえる。室町時代の越前国の守護所は武生に置かれ,府中とよばれるようになった。《経覚私要鈔(きょうがくしようしょう)》に府中の地名がみえ,朝倉氏時代には府中守護所や,朝倉氏の2人の家臣が務めた府中両奉行人が置かれた。竜泉寺をはじめ多数の寺院があり,商業活動も活発であった。1573年朝倉義景の滅亡後,織田信長に帰順した富田長繁が府中に居館したが,1575年信長は本願寺の領国化した越前に出兵,府中に攻め込んだ。信長の越前平定後,前田利家・不破光治・佐々成政府中三人衆が置かれた。織豊期に私称された郡名である府中郡は,府中を中心に南仲条(みなみなかじょう)郡・丹生北(にうきた)郡・今南東(いまなんとう)郡にわたる地域の総称で,府中三人衆の支配地域を指すものとも考えられる。1601年結城秀康が福井藩主として入部,家老の本多富正(4万5000石を知行)が府中城に配され,以後同氏の城下町として発展した。中央をほぼ南北に北陸街道が通り,これに沿って主要町屋が続き,西側に寺院とその門前町,東側に侍屋敷が置かれた。町は府中本町など府中十八町と隣接する府中町外(まちがい)とに分かれ,反別は府中十八町21町6反余,除地(じょち)となった社寺地43ヵ所18町2反余,府中城地2町8反余を含めた侍屋敷地22町6段余。戸数は本多氏入封当初は500戸足らずといわれたが,1625年には18町884軒,18世紀中頃には34町2004軒を数えた。宿駅としては油在家(あぶらざいけ)町に問屋が置かれ,伝馬25匹,人足25人,宿駕30人分を常備した。代表的産業として打刃物業があり,1797年には鍛冶職72軒,鞴(たたら)株139具。生産された鎌は越前鎌として知られた。1869年武生に改称された。
→関連項目府中

府中【ふちゅう】

中世におこった名称で,国衙(こくが)を中心に都市化した国府の所在地の呼称。のちに城下町となり繁栄した駿河(するが)府中すなわち駿府(すんぷ)(静岡市),甲斐(かい)府中(甲府市)が特に有名で,他に武蔵(むさし)府中(東京都府中市),備後(びんご)府中(広島県府中市),安芸(あき)府中(広島県府中町),越前府中(福井県越前市武生)などに地名として残る。→国衙・国府

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふちゅう【府中】

越前国(福井県)の城下町。北陸街道の宿駅でもあり伝馬25匹。古代国府の所在地で催馬楽(さいばら)に〈武生(たけふ)の国府〉と見え,中世以来府中といい,1869年(明治2)古謡にちなんで武生と改称。1575年(天正3)府中三人衆の一人前田利家が居城。1601年(慶長6)結城秀康が3万6000石で付家老本多富正を配して以来,本多氏の城下町として発展した。南端の亀屋町から北府(きたご)町へ北陸街道が北上し,街道に沿って町屋を置き,東方に侍屋敷が広がり,その中央に御茶屋と呼ばれた本多氏の居館があり,西方には寺を配した。

ふちゅう【府中】

対馬国下県(しもあがた)郡与良(よら)郷に属した地名(現,長崎県下県郡厳原(いづはら)町)。地名は677年(天武6)対馬国府が置かれたことに由来し,国府,府内とも記される。律令制下では国衙,国分寺が置かれ,対馬の政治,経済の中心であったが,平安時代から室町時代にかけては権力者が必ずしも本拠を置かず衰えた。宗氏も1408‐86年(応永15‐文明18)は本拠を上県(かみあがた)郡三根(みね)郷(現,峰町)佐賀(さか)に置き,15世紀後半の戸数は申叔舟の《海東諸国紀》によれば府中100戸,佐賀500戸である。

ふちゅう【府中】

政治を行う表向きの所を意味し,律令制下における国府の所在地をいう。歴史的には,君主の宮廷事務を行う宮中に対し,国政事務を行う所として問題とされる。宮中【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふちゅう【府中】

律令制の国府。また、その所在地。
宮中に対して、君主が国政をとり行う公の場所。

ふちゅう【府中】

東京都中部の市。多摩川北岸に位置し、工場・住宅地化が進む。古代、武蔵国の国府所在地。中世は鎌倉街道西道の要地、近世は甲州街道の宿場町。大国魂神社がある。
広島県東部の市。備後国の国府所在地。備後がすり・府中味噌・家具を特産。
広島県南西部、安芸郡の町。古代、安芸国府の地。広島市の南に接し、自動車・ビールなどの工場が立地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の府中の言及

【宮中】より

…語句の意は宮城内のことで,宮廷とか〈畏(かしこ)き辺(あた)り〉とかと同じ意味に使われる。しかし,歴史的には府中(国家の政治)に対する語として問題とされる。すなわち,近代的な立憲君主制の原則としては,宮中(君主の宮廷事務)と府中(国政)とは分離し,国政についての責任機関が確立していなければならない。…

※「府中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

府中の関連情報