目覚し時計(読み)めざましどけい(英語表記)alarm clock

翻訳|alarm clock

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

目覚し時計
めざましどけい
alarm clockalarm watch

あらかじめあわせた時刻にベルを鳴らす時計。ベルのかわりにオルゴール、音声その他を使ったり、打音の強弱、音の高低を組み合わせたものなど多様である。目覚し装置そのものはすでに機械時計初期から存在し、今日ではクロックの過半数が目覚しである。腕時計については1947年スイスのバルカン社が初めてCricket(コオロギ)と名づけた製品を市販した。20世紀後半に現れた電子式デジタル時計では1日に数回のセットができるいわゆる多重目覚しも現れ、使用者にとってたいへん便利になっている。[元持邦之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目覚し時計の関連情報