目高見物(読み)メダカケンブツ

デジタル大辞泉の解説

めだか‐けんぶつ【目高見物】

江戸時代の劇場で、舞台下手奥に設けられた最下等のから見物すること。また、その見物客。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めだかけんぶつ【目高見物】

江戸時代、舞台下手奥に設けられた最下等席の観客。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めだか‐けんぶつ【目高見物】

〘名〙 江戸時代の劇場で、舞台下手奥の羅漢台と呼ばれる最下等の席から見物すること。また、その見物客。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「億病口と下座(げざ)の処で押合て覗てゐるを目高見物(メダカケンブツ)と云やす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android