盲鳥(読み)めくらどり

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐どり【盲鳥】

〘名〙
① 目の見えない鳥。
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉後「盲鳥(メクラドリ)を占めるやうに野郎の懐に捻込んで」
② 子どもの遊びの一つ。めかくしのこと。めんないちどり。めなしどり。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android