直交座標系(読み)ちょっこうざひょうけい(英語表記)orthogonal coordinate system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直交座標系
ちょっこうざひょうけい
orthogonal coordinate system

一般に,n 次元空間において1点O と n 個の正規直交基底 e1e2 ,…,en を定めれば,空間内の任意の点X は n 個の数の組を (x1x2,…,xn) とするとき,ベクトルの和 X=O+Σxiei で表わすことができる。このように定められた {O;e1e2,…,en} を正規直交座標系,n 個の数の組 (x1x2,…,xn) を点X の座標という。平面 (2次元空間) においては直交する2直線の交点を原点O として2直線をそれぞれ x 軸,y 軸とし,点P の座標系O- xy が定められる。3次元空間においては原点O で直交する3直線を x 軸,y 軸,z 軸とし,点P の座標を (xyz) とする直交座標系O- xyz が定められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android