コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直交関数 ちょっこうかんすうorthogonal function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直交関数
ちょっこうかんすう
orthogonal function

区間 [ab] で定義されている2つの関数 f(x) ,g(x) が微分可能であるとき,もし
であれば,f(x) と g(x) は [ab] において直交するといい,直交する関数を直交関数という。区間 [ab] で定義され,微分可能な実関数全体の集合はベクトル空間となる。このベクトル空間を V とし,その2つの元 fg の内積を <fg> と書くことにすれば,簡単に
が導かれ,f(x) ,g(x) が直交関数であることを,<fg>=0 を満たす V の元 fg として定義することもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

直交関数の関連キーワードチェビシェフベクトル空間フーリエ級数境界値問題直交関数系特殊関数バナッハ核関数直交系微分区間内積

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android