コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直射日光 チョクシャニッコウ

デジタル大辞泉の解説

ちょくしゃ‐にっこう〔‐ニツクワウ〕【直射日光】

太陽の光のうち、水蒸気や塵(ちり)などによって拡散・吸収されたり、雲に反射されたりすることなく、直接地面に到達するもの。→天空光

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の直射日光の言及

【採光】より


[昼光]
 昼光の源は太陽である。太陽から放射され地球に到達する光は,一部大気層で散乱または吸収され,残りは直射日光として地表に届く。大気層で散乱または吸収された光は,直接,あるいはさらに散乱,吸収を繰り返した後に,一部は青空光として地表面に達し,一部は再び大気圏外に去る。…

※「直射日光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直射日光の関連キーワードEsplanade Theaters on the Bayイガイ(貽貝∥淡菜貝)そばかす(雀卵斑)ホワイトウォッシュニオイバンマツリカシワバアジサイ甲津原のみょうが曲管地中温度計陰干し・陰乾しフォームラバーサンバイザー緑のカーテン養生(土木)サングラスマミラリアルーバーメデュラ湿球温度よろい戸日照時間

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直射日光の関連情報