コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接拡散 チョクセツカクサン

デジタル大辞泉の解説

ちょくせつ‐かくさん〔‐クワクサン〕【直接拡散】

direct spread》無線通信のスペクトラム拡散で使われる方式の一。もとの信号に一定周期で繰り返されるランダムな信号を組み合わせ、幅広い帯域に拡散して送信する。受信側は拡散された信号を逆の手続きで復調し、もとの信号を得る。通信の秘匿性と耐雑音性が高い。この方式によるスペクトラム拡散技術はDSSSとよばれる。→周波数ホッピング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

直接拡散の関連キーワードスペクトラム拡散通信方式IEEE802.11DSS

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android