直接拡散(読み)チョクセツカクサン

デジタル大辞泉の解説

ちょくせつ‐かくさん〔‐クワクサン〕【直接拡散】

direct spread》無線通信のスペクトラム拡散で使われる方式の一。もとの信号に一定周期で繰り返されるランダムな信号を組み合わせ、幅広い帯域に拡散して送信する。受信側は拡散された信号を逆の手続きで復調し、もとの信号を得る。通信の秘匿性と耐雑音性が高い。この方式によるスペクトラム拡散技術はDSSSとよばれる。→周波数ホッピング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直接拡散の関連情報