コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接脱硫 ちょくせつだつりゅう direct desulfurization

1件 の用語解説(直接脱硫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直接脱硫
ちょくせつだつりゅう
direct desulfurization

重油脱硫の方式の一種。常圧蒸留残油や減圧蒸留残油などの,アスファルテンや有機金属化合物を多く含む重質油を直接に触媒存在下で水素化脱硫すること。減圧軽油を原料とする間接脱硫に比べ脱硫率は高いが,反応条件がきびしくなるため設備コスト,運転コストは高くなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直接脱硫の関連キーワード減圧蒸留重油常圧蒸留太鼓判玄庵常徳屋つくしときわ溶剤精製常圧蒸留常蔵

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone