直接脱硫(読み)ちょくせつだつりゅう(英語表記)direct desulfurization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直接脱硫
ちょくせつだつりゅう
direct desulfurization

重油脱硫の方式の一種。常圧蒸留残油や減圧蒸留残油などの,アスファルテンや有機金属化合物を多く含む重質油を直接に触媒存在下で水素化脱硫すること。減圧軽油を原料とする間接脱硫に比べ脱硫率は高いが,反応条件がきびしくなるため設備コスト,運転コストは高くなる。すなわち常圧残油中に含まれる金属分とアスファルテンが触媒の活性を低下させ,また硫黄分が装置の腐食を早めるなどの問題があるためである。高金属分で高アスファルテンの減圧残油 (たとえばイラン系,カフジ系原油) の処理方法として,減圧残油を熱分解して軽質油と石油コークに分離し,石油コークをそのまま利用するか,あるいはガス化して脱硫する方法も実用化された。これにはユリカプロセス,フレキシコーカー法などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android