コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接脱硫 かんせつだつりゅうindirect desulfurization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間接脱硫
かんせつだつりゅう
indirect desulfurization

重油脱硫の方式の一種。減圧蒸留で得られる減圧軽油を接触水素化脱硫法で脱硫し,得られた脱硫油を減圧残油と混合して低硫黄分の重油を得る方法。常圧残油を原料とする直接脱硫に比べ,反応条件がゆるいので広く採用されているが脱硫率が低いのが欠点である。 VGOアイソマックス法,GOファイニング法,ガルファイニング法などが代表的で,触媒はアルミナを担体としてモリブデン,タングステン,コバルト,ニッケルなどが使用される。反応条件は 100 kg/cm2 ,400℃程度である。近年は脱硫技術としてよりも,重質油などの分解法の一つである接触分野の装置用原料の前処理技術として重視されてきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android