コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直目 タダメ

デジタル大辞泉の解説

ただ‐め【直目】

直接に見ること。まのあたりに見ること。
「語り継ぐからにもここだ恋しきを―に見けむ古壮士(いにしへをとこ)」〈・一八〇三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ただめ【直目】

そのものを直接に見ること。目前もくぜん。 「 -に見けむ古壮士いにしえおとこ/万葉集 1803

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

直目の関連キーワードトランシット前田孫右衛門百姓一揆内藤静修長井雅楽経緯儀直訴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android