コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉釧 タマクシロ

デジタル大辞泉の解説

たま‐くしろ【玉×釧】

[名]玉をつないで作った腕輪。
「其の女鳥の王の御手に纏(ま)かせる―を取りて己が妻(め)に与へき」〈・下〉
[枕]手に巻く意から、「まく」「手に取り持つ」にかかる。
「―まき寝(ぬ)る妹(いも)もあらばこそ」〈・二八六五〉
「我(あ)が恋ふる児(こ)を―手に取り持ちて」〈・一七九二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまくしろ【玉釧】

( 名 )
くしろの美称。
( 枕詞 )
くしろを手に取る、巻く意から、「手に取り持ちて」「まく」にかかる。 「口止まず我が恋ふる児を-手に取り持ちて/万葉集 1792」 「 -まき寝る妹もあらばこそ/万葉集 2865

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉釧の関連キーワード纏き寝・枕き寝・纒き寝万葉集腕輪

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android