コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直線葉理 ちょくせんようりlinear foliation

岩石学辞典の解説

直線葉理

黒雲母や角閃石のような葉状および柱状の鉱物の線状配列による葉状組織マリオン(mullion)構造あるいはロッド状(rodding)構造が伴われ,外見的に葉状構造は平行な褶曲系統のプランジplunge)に平行である.プランジは線構造や褶曲軸などの傾き[Peach & Horne : 1907].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone