コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直線葉理 ちょくせんようり linear foliation

1件 の用語解説(直線葉理の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

直線葉理

黒雲母や角閃石のような葉状および柱状の鉱物の線状配列による葉状組織マリオン(mullion)構造あるいはロッド状(rodding)構造が伴われ,外見的に葉状構造は平行な褶曲系統のプランジplunge)に平行である.プランジは線構造や褶曲軸などの傾き[Peach & Horne : 1907].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直線葉理の関連キーワード透閃石片理ピラロライト化作用繊維状変晶質組織羽状角閃岩白雲母黒雲母花崗岩オルトレル岩オルビスヘーエ岩角閃石岩スタヴライト

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone