コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直線葉理 ちょくせんようりlinear foliation

岩石学辞典の解説

直線葉理

黒雲母や角閃石のような葉状および柱状の鉱物の線状配列による葉状組織.マリオン(mullion)構造あるいはロッド状(rodding)構造が伴われ,外見的に葉状構造は平行な褶曲系統のプランジ(plunge)に平行である.プランジは線構造や褶曲軸などの傾き[Peach & Horne : 1907].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

直線葉理の関連キーワード黒雲母

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android