コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直達鏡 ちょくたつきょうdirectoscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直達鏡
ちょくたつきょう
directoscope

喉頭,気管支食道直腸などの身体開口部に,反射鏡などを用いずに直接に金属管を挿入して,その内部を観察する臨床検査器具。先端についた小電球の照明によって見る。これによる検査法を直達鏡検査法というが,現在では,さらに柔軟なファイバースコープなどのほうが普及している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

直達鏡の関連キーワード縦隔鏡検査胸腔鏡検査喉頭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android