金属管(読み)きんぞくかん

世界大百科事典 第2版「金属管」の解説

きんぞくかん【金属管 metal tube and pipe】

金属材料のインゴットを,圧延,溶接などによって管状に加工したものの総称。とくに鋼製のものは鋼管と呼ばれる。金属管はわれわれの日常生活をはじめとして社会のありとあらゆるところで利用されている。身近にみられる金属管には,ガス管水道管排水管,電気配線保護管,冷蔵庫ラジエーターの銅管や,クーラーの銅管,自動車の燃料供給用の管や排気用の管,オイルの管などがあり,日常生活において,流体を通すための管や保護をするための容器,また熱を表面で発散したり取り入れたりする役目をもつ熱交換用の部品などとして重要な役割を果たしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android