相互侵入高分子網目(読み)そうごしんにゅうこうぶんしあみめ(英語表記)interpenetrating polymer network

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互侵入高分子網目
そうごしんにゅうこうぶんしあみめ
interpenetrating polymer network

IPNと略称される。ポリマーブレンドの一種である。ブレンド成分ポリマーが橋架けポリマーであって,それぞれの異種橋架けポリマーが部分的あるいは全体的に相互に絡み合って多重網目構造を形成しているものをいう。多くの異種ポリマーは相溶しにくいが,IPNは相分離が生じにくい。 IPNを利用した耐衝撃性樹脂,接着剤,防振材,耐熱性エラストマー,ソフトコンタクトレンズなどの工業製品がある。 IPNという用語は 1960年に J.ミラーがスチレン-ジビニルベンゼン共重合体の研究で用いたのが初めといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android