コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互侵入高分子網目 そうごしんにゅうこうぶんしあみめinterpenetrating polymer network

1件 の用語解説(相互侵入高分子網目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互侵入高分子網目
そうごしんにゅうこうぶんしあみめ
interpenetrating polymer network

IPNと略称される。ポリマーブレンドの一種である。ブレンド成分ポリマーが橋架けポリマーであって,それぞれの異種橋架けポリマーが部分的あるいは全体的に相互に絡み合って多重網目構造を形成しているものをいう。多くの異種ポリマーは相溶しにくいが,IPNは相分離が生じにくい。 IPNを利用した耐衝撃性樹脂,接着剤,防振材,耐熱性エラストマーソフトコンタクトレンズなどの工業製品がある。 IPNという用語は 1960年に J.ミラースチレン-ジビニルベンゼン共重合体の研究で用いたのが初めといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

相互侵入高分子網目の関連キーワード魚病

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone