コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互標定 そうごひょうてい relative orientation

1件 の用語解説(相互標定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互標定
そうごひょうてい
relative orientation

実体図化機で地図を描く場合,1対の実体写真の相互関係を撮影したときと同じ射影関係の状態に再現する操作。ただし縮尺と空間内の位置や傾斜は決らない。写真測量で地図を描く場合,まず実体図化機空中写真 (縮小乾板またはダイヤポジフィルム) を正しくセットすることを標定といい,それには図化機の投影レンズと写真の位置を正す内部定位,相互標定対地標定 (絶対標定 ) の3段階がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相互標定の関連キーワード実体鏡実体写真実体法立体写真空有実体化実体振り子・実体振子実法実体審査空中写真測量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone