コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対標定 ぜったいひょうていabsolute orientation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対標定
ぜったいひょうてい
absolute orientation

対地標定ともいう。相互標定によってつくられた実体写真内の各点とそれに対応する地上点の座標をモデル縮尺の比で一致させること。実体図化機空中写真セットする場合,内部定位,相互標定対地標定の3段階の手続が必要である。したがって対地標定は図化機の投影レンズと写真,写真同士の相互関係を正す操作で,図化機の標定要素を操作しながら,位置,高さのわかっている地上点 (最小限2つの平面基準点,3つの高さの基準点) と,写真上の同じ点との数値が等しくなるように縮尺を正しく調整し,水準面の決定を行い,位置,方向,高さ,傾斜を定める操作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone