コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相変化記録方式 ソウヘンカキロクホウシキ

1件 の用語解説(相変化記録方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相変化記録方式

光ディスクの記録方式のひとつ。記録層にレーザー光を当てることで記録層の性質を結晶状態/非結晶状態に変化させて、データ書き込む。データの読み込みには、結晶状態と非結晶状態との光の反射率の違いから信号を読み取る。この方式の記憶媒体には、CD-RWDVD-RWDVD+RWDVD-RAMなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相変化記録方式の関連キーワードMD垂直磁気記録水平磁気記録DSDPD光磁気ディスク光ディスクビデオディスクミニディスク片面2層

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone