コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相変化記録方式 ソウヘンカキロクホウシキ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相変化記録方式

光ディスクの記録方式のひとつ。記録層にレーザー光を当てることで記録層の性質を結晶状態/非結晶状態に変化させて、データを書き込む。データの読み込みには、結晶状態と非結晶状態との光の反射率の違いから信号を読み取る。この方式の記憶媒体には、CD-RWDVD-RW、DVD+RW、DVD-RAMなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

相変化記録方式の関連キーワードPD/CDPDカートリッジマルチリード光ディスク

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android