コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対死亡指数 comparative mortality index

法則の辞典の解説

相対死亡指数【comparative mortality index】

「比較死亡指数」ともいう.CMIと略される.対象とする地域の経験人口の経時変化を表現するために用いられるもので,初年度とその後の年度における年齢別死亡率の荷重総和の比として与えられる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

相対死亡指数の関連キーワードCMI(Computer Managed Instruction)チェンマイ・イニシアティブeラーニングLMS教育機器CAI日韓通貨スワップ通貨すわっぷ協定チェンマイイニシアチブCITL

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android