相殺契約(読み)ソウサイケイヤク

大辞林 第三版の解説

そうさいけいやく【相殺契約】

互いに債権を有する人が、相互の債権を対当額だけ消滅させる契約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の相殺契約の言及

【相殺】より

…最高裁は,この相殺の予約を第三者に対する関係でも有効だと解し,この特約により銀行は定期預金の差押えがあればただちに相殺して差押債権者に対抗することができる,とする(1970年の最高裁判決)。
[相殺契約]
 なお,双方の合意によって二つの債権を消滅させることができるのは,いうまでもない。これを〈相殺契約〉という。…

※「相殺契約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android