相計(読み)あいはからう

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐はから・う あひはからふ【相計】

〘他ハ四〙 (「あい」は接頭語) 相談する。〔文明本節用集(室町中)〕

あい‐はか・る あひ‥【相計】

〘他ラ四〙 (「あい」は接頭語)
① 相談する。共に企てる。
※古事記(712)上(兼永本訓)「故、其の木の上に坐さば、其の海神の女(むすめ)、見て相議(あひはか)るべきものぞ」
※太平記(14C後)二五「公卿大臣皆相計(ハカッ)て、楚国の王に成し奉る」
② (「はかる」の改まった言い方) 適当に処置する。
※満済准后日記‐永享三年(1431)三月二四日「就小倉宮東山辺御在所事。管領伺申入処、相談此門跡、管領可相計云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

相計の関連情報