コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満済准后日記 まんさいじゅごうにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満済准后日記
まんさいじゅごうにっき

『法身院准后日記』ともいう。醍醐寺座主満済の日記。応永 18 (1411) 年と同 20~29年の 11巻,同 30~永享7 (35) 年の 37巻があり,いずれも自筆本醍醐寺,国立国会図書館などに残る。満済は将軍足利義満,義持,義教に親近して「黒衣宰相」と呼ばれ,幕政枢機参画,そのため日記の内容は政治,社会,外交,文化とあらゆる面にわたる。記事も正確で,この時代を知るうえの根本的な史料

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

満済准后日記【まんさいじゅごうにっき】

室町時代の醍醐(だいご)寺座主(ざす)であった満済の日記。《法身院(ほっしんいん)准后日記》ともいう。応永18年(1411年)正月と同20年(1413年)から同29年(1422年)まで,同30年(1423年)から永享7年(1435年)までの自筆本が現存するが,多少の欠落がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんさいじゅごうにっき【満済准后日記】

醍醐寺座主満済の日記で,《法身院准后日記》ともいわれる。応永18年(1411)正月および同20年から同29年までと,応永30年から永享7年(1435)までの自筆本が現存し,多少の闕失はあるが25年間にわたってほぼ首尾一貫している。満済は足利義満,義持,義教の3代将軍に親近し,護持僧として禳災祈禱に当たるとともに,事あるごとに諮問をうけ,ときには将軍と管領以下の諸大名との意志疎通の役割を果たしていたため,この日記には幕府の政治・外交の機微にわたる秘事も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満済准后日記
まんさいじゅごうにっき

室町時代、将軍足利義満(あしかがよしみつ)・義持(よしもち)・義教(よしのり)3代にわたって厚い信任を受けて幕政に深くかかわり、「黒衣の宰相」とよばれたこともある醍醐寺座主(だいごじざす)三宝院門跡(さんぼういんもんぜき)満済の日記。現在1411年(応永18)から22年(同29)までの11巻が国立国会図書館に、23年(同30)から没年の1435年(永享7)までの36冊が醍醐寺に収蔵されており、すべて自筆である。将軍や管領(かんれい)の交替、関東府との交渉など幕政の根本にかかわるものから、法会(ほうえ)、猿楽(さるがく)、風流(ふりゅう)など宗教、文化に関する行事を克明に記録しており、この時代の根本史料の筆頭とされるが、逆に満済個人の私的な記事が意外に少ないのが特徴である。『京都帝国大学文科大学叢書(そうしょ)』3冊、『続群書類従補遺』2冊として刊行されているほか、『大日本古文書 醍醐寺文書別集』として、その紙背(しはい)文書が刊行中である。[笠松宏至]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の満済准后日記の言及

【松囃子】より

…能が演ぜられたのは室町御所での観世大夫の松囃子と,禁裏,室町御所などに推参した声聞師の松囃子であった。松囃子の初出資料は《満済准后日記》の応永18年(1411)1月15日条で,その後,応永(1394‐1428)~永享期の貴顕の日記などにおびただしい資料が残されているが,応仁の乱(1467‐77)後に衰微した。ただ,御所での大名による松囃子は以前から赤松家で催されていたものを,1429年に将軍足利義教の命で御所でも行いはじめ,41年(嘉吉1)義教の死とともに取りやめたものであり,町女房の松囃子もまた義教の命によって一,二度催されたもので,いずれも一時的な催しであった。…

※「満済准后日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

満済准后日記の関連キーワード小早川則平菊池持朝今川範忠今川範政近衛忠嗣看聞御記室町時代笠松宏至甲斐常治灯籠人形安東盛季斎藤実盛唐船奉行満済准后足利義持足利義教牛大夫柴崎城増阿弥立阿弥