コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省けん録 せいけんろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

省けん録
せいけんろく

佐久間象山著。漢文 57条から成る。安政1 (1854) 年,アメリカ艦隊の浦賀来航にあたって,吉田松陰とともに海外密航を策したが,失敗に終り,江戸伝馬町の獄につながれたとき,獄中で想を練り,出獄後松代聚遠楼に蟄居した際に筆録したもので,獄中での象山自身の個人的反省をはじめ,学問観,政治意見,国防策などを述べたもの。特に海防について,江戸幕府の対外政策を忌憚なく批判し,西洋の科学,砲術などを積極的に学び取入れる必要を説く。また東洋の道徳と西洋の芸術 (技術) を兼ね知るべきことを述べたことは有名である。明治4 (71) 年木版で刊行。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


せいけんろく

幕末の先覚者佐久間象山(しょうざん)著の随想録。一巻、付録二巻。1854年(安政1)、門人吉田松陰(しょういん)の密航失敗事件に連座して江戸伝馬町(てんまちょう)の獄につながれていたときの感懐を、出獄後に筆録したもので、71年(明治4)、勝海舟(かつかいしゅう)の序文を付して初めて刊行された。書名は(あやまち)を省みた記録という意味であるが、自責の念などはほとんど認められず、自己の思想と行動が正当化され、他への批判が前面に押し出されている。学問、海防、時事などを論じた57条の本文と、短文、詩歌を収めた付録からなり、象山の思想の精髄が示されている。象山の知的世界を象徴する有名な「東洋の道徳、西洋の芸術(技術)」ということばも本書のなかにみえる。[石毛 忠]
『飯島忠夫訳注『省録』(岩波文庫) ▽松浦玲編・訳『佐久間象山』(1972・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android