コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省けん録 せいけんろく

2件 の用語解説(省けん録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

省けん録
せいけんろく

佐久間象山著。漢文 57条から成る。安政1 (1854) 年,アメリカ艦隊の浦賀来航にあたって,吉田松陰とともに海外密航を策したが,失敗に終り,江戸伝馬町の獄につながれたとき,獄中で想を練り,出獄後松代聚遠楼に蟄居した際に筆録したもので,獄中での象山自身の個人的反省をはじめ,学問観,政治意見,国防策などを述べたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


せいけんろく

幕末の先覚者佐久間象山(しょうざん)著の随想録。一巻、付録二巻。1854年(安政1)、門人吉田松陰(しょういん)の密航失敗事件に連座して江戸伝馬町(てんまちょう)の獄につながれていたときの感懐を、出獄後に筆録したもので、71年(明治4)、勝海舟(かつかいしゅう)の序文を付して初めて刊行された。書名は(あやまち)を省みた記録という意味であるが、自責の念などはほとんど認められず、自己の思想と行動が正当化され、他への批判が前面に押し出されている。学問、海防、時事などを論じた57条の本文と、短文、詩歌を収めた付録からなり、象山の思想の精髄が示されている。象山の知的世界を象徴する有名な「東洋の道徳、西洋の芸術(技術)」ということばも本書のなかにみえる。[石毛 忠]
『飯島忠夫訳注『省録』(岩波文庫) ▽松浦玲編・訳『佐久間象山』(1972・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

省けん録の関連キーワード佐久間佐久間湖佐久間玄蕃静岡県浜松市天竜区佐久間町佐久間佐久間勝豊佐久間種佐久間瑞枝佐久間安次(1)佐久間安次(2)佐久間安長

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone