練り/煉り(読み)ネリ

デジタル大辞泉の解説

ねり【練り/×煉り】

練ること。こねること。「小麦粉の―が足りない」「固(かた)―」
(練り)生絹(きぎぬ)不純物を除いてしなやかにすること。また、その糸や織物。
(「邌り」とも書く)
㋐祭礼の行列などが練り歩くこと。→御練(おね)り
㋑公家が行事に庭上を練り歩くこと。練り方に序・破・急があり、早練り・遅練りなどという。練歩(れんぽ)。
練り餌(え)」の
練り鉄(がね)」の略。〈和名抄
練り酒」の略。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android