コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練り/煉り ネリ

デジタル大辞泉の解説

ねり【練り/×煉り】

練ること。こねること。「小麦粉の―が足りない」「固(かた)―」
(練り)生絹(きぎぬ)不純物を除いてしなやかにすること。また、その糸や織物。
(「邌り」とも書く)
㋐祭礼の行列などが練り歩くこと。→御練(おね)り
㋑公家が行事に庭上を練り歩くこと。練り方に序・破・急があり、早練り・遅練りなどという。練歩(れんぽ)。
練り餌(え)」の
練り鉄(がね)」の略。〈和名抄
練り酒」の略。〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

練り/煉りの関連キーワード合はせ薫き物・合せ薫き物コンクリートミキサー練り直し・練直しジャンドゥイヤ小倉羹・小倉羮湯の子/湯の粉みかんだんご黒米うんどん風呂吹き大根練消しゴム明けがらすインセンス練り切り餡練り雲丹本練り糸田楽豆腐胡麻味噌揚げ田楽山椒味噌こが焼き

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android