コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省略三段論法 しょうりゃくさんだんろんぽうenthȳmēma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

省略三段論法
しょうりゃくさんだんろんぽう
enthȳmēma

大前提,小前提,結論のいずれか1つを自明のこととして省略した三段論法をいう。実際には完全な三段論法よりも省略形のほうが多く用いられる。また,修辞的効果をねらって故意に省くこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

省略三段論法の関連情報